シュールの本棚

マックス・エルンストの『百頭女』の影響を受けて、作品を作ってみました。

18ロンドンの盛衰 ゴルダーズ火葬場

f:id:danbuer:20201127075854j:plain

1ゴルダーズ火葬場(ロンドンの最初の火葬場)

f:id:danbuer:20201127075934j:plain

2 敷地内の霊廟のフロイト家の骨壺

イギリスでは1885年まで火葬は合法ではなかった。ゴルダーズグリーン火葬場と霊廟は、ロンドンに開設された最初の火葬場で、英国で最も古い火葬場の1つ。ゴルダーズグリーンの火葬場は赤レンガ造りの建物で、資金ができるようになると段階的に建てられた。

火葬場の土地は1900年に6,000ポンドで購入され、火葬場は1902年にヘンリートンプソン卿によって開かれた。1939年までに敷地はほぼ完成したが、それ以降、いくつかの建物が追加された。

1902年11月以来、323,500以上の火葬がゴルダーズグリーン火葬場で行われ、英国の他の火葬場よりもはるかに多い。現在、年間約2,000件の火葬が行われている。(Wikipedia 2020.11)