シュールの本棚

世界で日々起きていることは、現実を超えて進んでいる

16 芸術家と金 ヨハン・シュトラウス

f:id:danbuer:20211021103348j:plain

コラージュ / オペレッタ「コウモリ」とシュトラウス

 ヨハン・シュトラウス2世(1825 - 1899)は、オーストリアのウィーンを中心に活躍した作曲家・指揮者。

 自分の誕生時にはすでにウィンナー・ワルツの作曲家として有名だった父ヨハン一世の影響を受け、息子ヨハンは音楽家に進みたいと思った。

 彼のデビュー・コンサートは10月15日、シェーンブルン宮殿近くの「カジノ・ドームマイヤー」であった。ヨハンは独自の楽団を作り、指揮者としてデビューした。1849年に父が死去すると、ヨハンはシュトラウス楽団を自分の楽団に吸収した。

 ヨハンの音楽活動は国内には留まらなかった。1856年にはロシアの鉄道会社と契約し、夏のシーズンにパヴロフスクの駅舎で演奏会を指揮するようになった。報酬は1万8000銀ルーブルオーストリア通貨で3万6000グルテン)とされた。ウィーンでは、宮廷舞踏会での指揮が9グルテン、楽譜の印税がワルツ1曲につき250グルテンだったので、ロシアの報酬は破格であった。

 その後、契約金はさらに引き上げられ、1859年には2万銀ルーブルに、1865年には4万銀ルーブルになった。このコンサートは、1856年から10年間続けられた。ヨハンは1年のうちのほぼ半分を、ロシアで過ごす生活が10年間続けられたのである。

 1872年6月17日、アメリカ独立100周年の祝典をかねた「世界平和記念祭」が、ボストンで開催された。ヨハンはこの祭典に指揮者として招かれた。報酬は当時としては破格の10万ドル。この音楽祭で演奏された『美しく青きドナウ』の指揮の際、10万人の観客のために、2万人の演奏者と歌手が集められ、100人の副指揮者が補助として配置されたという。このように、作曲と指揮に忙しい生活を続けていたが、1899年5月22日、マチネーで「こうもり」序曲を指揮中、寒気が起きた。6月3日彼は息を引き取った。肺炎だった。

15 芸術家と金 ショパン

f:id:danbuer:20211020074535j:plain

ショパンジョルジュ・サンド/背景はサンドの別荘

 フレデリック・ショパン(1810 - 1849)は、ポーランド出身の作曲家。ピアニストとしても有名だった。ショパンは1823年のワルシャワ学院入学、1825年には演奏会でチェコの作曲家モシェレス(1794ー1870)の曲を弾くとともに、即興演奏をし、「ワルシャワで最高のピアニスト」と絶賛された。

 1829年ワルシャワに戻ったショパンは、8月にはワルシャワ音楽院での3年間の修行を終え、ウィーンで華やかなデビューを果たす。

 1831年9月の暮れにパリに到着した。ショパンがパリで公開演奏会を行うことはほとんどなかった。彼は教育・作曲によって高収入を得ており、社交の場での演奏会を好んだ。

 ショパンは作曲でどれくらい稼いだかについては、「pianolit.com」のホームページを参考にした。

 

 収入に関する資料は、ショパン1839年初頭にマヨルカ島にいたとき、ピアニストで親友のユリアン・フォンタナに宛てた2通の手紙に基づいている。この旅行は病弱のショパンの健康を改善することはなかったが、バラード作品38、スケルツォ作品39、2つのポロネーズ作品40などを完成させた。

 マヨルカ島での滞在中、ショパンは親友に、ドイツのプロブストからの作曲の版権のお金をレオに送るように依頼する。この手紙で、ショパンの財政と彼がどのように収入を管理したかを知ることができる。 

 もっとも多く支払ったのは、フランスのピアニストで、出版社プレイエル・エ・シーの所有者、さらにショパンがパリでのコンサートを行ったホール、サル・プレイエルを運営していたプレイエルである。彼はショパン24の前奏曲に対し、合計2925フランを支払った(今日換算=193万円,1フラン660円)。次にショパンが彼の今後の作曲で、プレイエルは、2つのポロネーズのために1500フラン(今日換算で99万円)を支払っている。

 出版社のプロブストがショパンに支払った金額は、バラードと2つのポロネーズで合計約3000フラン(今日換算=約198万万円)を獲得した。

●結論=ショパンマヨルカ島にいた3か月間、ショパンの主な収入源は。プレイエルの合計が292万円、プロブストが198万円で、総額490万円となる。またショパンの支出では「家賃の支払い」に1500フランを使うと述べている。これを月額家賃が375フラン(今日換算=月額約24.7万円)である。また何に使ったか不明の支出も記録されている。

14 芸術家と金 村上春樹

 

f:id:danbuer:20211019071954j:plain

背景は村上春樹ライブラリー

 

 村上春樹(1949 - )は、日本の小説家、文学翻訳家で、国際的にも多くの読者の支持を受け、高く評価されている。大学在学中の1974年に、国分寺駅南口のビルの地下で、ジャズ喫茶「ピーター・キャット」を開店する。19794月『群像』に応募した『風の歌を聴け』が、群像新人文学賞を受賞。1981年、専業作家となるため店を人に譲る。2005年、『海辺のカフカ』の英訳版が、『ニューヨーク・タイムズ』の「今年の10冊の本」に選ばれ、国際的評価を示した。2006年、フランツ・カフカ賞フランク・オコナー国際短編賞を続けて受賞。

 

●収入概算

「AidWiki」が発表した村上春樹の純資産の全体的な予測。

  評価は、直近の5年間と、来年の概算を対象としている。(発表された数字には、大きな幅を持たせている)

  下記の範囲は、インターネット上にあったスポンサーシップまたはその他のソースに関する公開情報によって生成された評価に基づく推定値を示している。 「AidWiki」のリポジトリにある村上春樹のプロジェクトのデータをまとめたもの。 これは「AidWiki」が編集した収益の概算で、実際の金額と一致しない場合があるという。

 

2016年の収益=160万ドル。(1億7600万円、1ドル110円で計算、以下略)

2017年の収益=190万ドル。

2018年の収益=180万ドル。

2019年の収益=110万ドル。

2020年の収益=100万ドル。

2021年の収益=160万ドル。

2022年の収益=140万ドル。

    これを見ると、年々増加している訳ではないことがわかる。

40年以上のキャリアを持つため、読者数の拡大に伴う収入増から、安定期に入っている。

 

13 芸術家と金 ココ・シャネル

f:id:danbuer:20211018051503j:plain

コラージュ/シャネルが生活したホテル・リッツ

 ココ・シャネル(1883- 1971)はフランスのファッションデザイナー、企業家。

ココ・シャネルは、オーバジーヌ(フランスの中央部)で6年間裁縫を学んだ後、仕立て屋での職を見つけた。そして副業としてキャバレーで歌を歌ってもいた。

 温泉郷ヴィシーに出る前、ムーランで繊維業者の息子であるバルサンと出会った。バルサンは多大な資産を抱えたプレイボーイであった。シャネルが23歳の頃、彼はシャトーを購入し、そこで競走馬の育成を始めた。この計画を聞いたシャネルはバルサンの愛人となった。

 1909年、シャネルはバルサンの友人のボーイ・カペルと関係を持ち始めた。1910年に婦人用帽子職人のライセンスを取得し、パリにブティックを開店した。1913年、シャネルはカペルの資金提供でドーヴィル(ノルマンディ海岸)にブティックを開業し、レジャーやスポーツに適した豪華でカジュアルな服装を打ち出した。

 1915年にスペイン国境に近いビアリッツに本格的な店舗を出した。ここは王侯貴族や金持ちグループの遊び場であった。シャネルは、1年間の営業でカペルが提供した資金を返済した。

 1918年、シャネルは事業を拡大し、パリのカンボン通りに新店舗を開店した。現代的なブティックを目指す彼女は、1921年から、香水のほか、衣服や帽子に合ったアクセサリーを、次いで宝石や化粧品なども販売するようになった。

 1923年にモンテ・カルロで、シャネルは大富豪ウェストミンスター公に面式を得た。彼はシャネルに豪華な宝石、高価な美術品、ロンドンの邸宅を気前よく与えた。彼とシャネルとの関係は10年続いた。

 シャネルのクチュールは、1935年までに4,000人を雇用する営利企業となり、大きな利益をあげた。

 1947年5月、シャネルは戦時中の「シャネルNo.5」の販売利益(現在の9億ドルに相当する)を受け取った。また、将来の全世界における「シャネルNo.5」の売り上げの2%の権利を得た。彼女は1年あたり2500万ドル(25億円=1ドル100円で換算)の収入を得ていたとされ、当時世界で最も富裕な女性となっていた。1971年1月10日、30年以上居住していたホテル・リッツで死亡した。(資料「ウィキペディア」)

12 芸術家と金 ダリ

f:id:danbuer:20211017073035j:plain

編者による「燃えるキリン」のアレンジ版

   サルバドール・ダリ1904 - 1989)は、スペイン出身の画家。妻はガラ・エリュアール=ダリ。

 1927年、パリに赴き、アンドレ・ブルトンら、シュルレアリスムの人物たちと面識を得た。

   1929年夏、ガラと出会い、1934年に結婚した。ダリは広く旅をし、クールベフェルメールなどの伝統的な絵画スタイルを実践したが、彼のテーマは相変わらず奇妙なものだった。彼の名声は広く伝わっており、彼は裕福で、ファッショナブルな人々から需要があった。アートディーラーのジュリアン・リーヴィは、1934年にニューヨークでダリの作品の展示会を開催した。展覧会は好評で、ダリはセンセーションを巻き起こした。彼は1930年代半ばに最初に米国を訪れた。 1938年、ココ・シャネルは、ダリをリビエラにある彼女の家「ラパウサ」に招待し、そこで広範囲に絵を描いた。

 ダリは主要な後援者である裕福な英国の詩人、エドワード・ジェームズ卿にも会った。 ジェームズはダリの作品を購入しただけでなく、2年間彼を財政的に支援し、「ロブスターテレフォン」(1936)や「メイウエストの唇ソファ」(1937)など、ダリの最も有名な作品のいくつかを購入した。 

 第二次大戦後、ダリとガラは1940年に米国に戻った。彼らは、ニューヨークとカリフォルニアで、8年間滞在した。 この期間に、ダリは非常に生産的になり、視覚芸術を超えて他のさまざまなジャンルに拡大した。 彼はジュエリー、衣類、家具、演劇やバレエのセット、さらには小売店のショーウィンドウをデザインした。ダリ(そしてガラ)はスターになり、多額のお金を稼ぎたいと思っていたので、ハリウッドはカップルにとって自然な目的地だった。 1948年にポルトリガトに戻り制作活動を行った。1982年にガラが死去すると、彼は激しく落ち込み、ジローナのプボル城に引きこもった。19835月を最後に絵画制作をやめている。1989123日、ダリは彼のお気に入りのレコード、「トリスタンとイゾルデ」を聴きながら心不全で亡くなった。84歳。

11 芸術家と金 カラヤン

f:id:danbuer:20211016092741j:plain

ベルリンフィルハーモニーホール

 ヘルベルト・フォン・カラヤン1908-1989) オーストリア出身の指揮者で、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者。

 1938年のベルリン国立歌劇場におけるヴァーグナーの『トリスタンとイゾルデ』の指揮で国際的にも認められ、翌1939年にベルリン国立歌劇場およびベルリン国立管弦楽団の指揮者の地位とともに、イタリアのミラノ・スカラ座でオペラを指揮することとなった。

 1954年ドイツの指揮者フルトヴェングラーが急逝し、翌1955年にカラヤンベルリン・フィルとのアメリカ演奏旅行の代役を果たし成功した。この旅行中にベルリン・フィルの終身首席指揮者兼芸術総監督に就任、1989年まで34年間この地位についた。

 1956年にはウィーン国立歌劇場の芸術監督に就任した。この両オーケストラを兼務することになり、このころから「帝王」と呼ばれ始める。

 その有名なキャリアの過程で、カラヤンはある程度の権力と名声を蓄積し、指揮者に匹敵するものはないでしょう。 同時に、彼は信じられないほどの富を蓄積しました。西ドイツの雑誌「Der Spiegel」は、19894月の時点で、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団の生涯指揮者としての職を突然辞任したとき、年間600万ドル以上(6億円/ 1ドル100円換算)を稼いでいたと報告した。 (彼の給料、録音、ビデオプロジェクトから) 彼のコンサート料金は数十万ドル(1000 万円)と言われていた。1989716日、自宅でカラヤンが心肺停止の状態になった。緊急のヘリコプターが呼ばれたが間に合わなかった。 81歳)

10 芸術家と金 マイケル・ジャクソン

f:id:danbuer:20211015081350j:plain

豪邸「ネバーランド・ランチ」

 マイケル・ジャクソン1958 - 2009)は、アメリカのシンガーソングライター。インディアナ州のアフリカ系家庭に生まれ、幼い頃から兄弟とともに音楽の能力を発揮。1968年シングル「ビッグ・ボーイ」でデビュー。

 1969年、シングル「帰ってほしいの」でメジャーデビュー。全米チャートで1位を獲得した。

 1970年代に兄弟グループ「ジャクソン5」の天才リードシンガーとして一世を風靡。

 19796月、移籍後初のソロ・アルバム、『オフ・ザ・ウォール』を発表。この年全米で700万枚を売り上げる大ヒットを記録。続いて『スリラー』(1982)で、全米1000万枚、『バッド』(1987)1988年の売り上げが24700万ドルとなる。

 1988年、推定3800万ドルで購入した豪邸「ネバーランド・ランチ」に引っ越す。20096月、自宅にて心肺停止状態に至り死去。キャリア全体の総収入は28億ドル(「フォーブス」2014.6)となる。

 

  一方、ジャクソンは巨額のローンを組み、その多くは返済しなかった。彼の金金銭問題は悪化し、彼の借金に対する多くの訴訟に関心が集まった。 彼の死亡時に、法廷会計士はジャクソンが4億ドルから5億ドルを借りていると推定した。しかし彼の財産で、財政問題が解決された。