シュールの本棚

世界で日々起きていることは、現実を超えて進んでいる

10 モスクワの盛衰 スターリンの死

f:id:danbuer:20210509091519j:plain

モスクワでのスターリンの葬式 RIAニュース

 実際にソ連を創設し、30年近く支配したスターリンが1953年3月5日、死亡した。
 ●彼の病気
 1952年12月73才のスターリンは、群衆にも少数の会衆にも耐えられなくなっていたのである。彼はひどいノイローゼだった。  この病気が起きたのは最近のことである。ここ3年ばかり、国中は身を縮めてクレムリンの長が眉一つ動かせば、すぐ国家保安機関が反応して弾圧が始まるのである。恐る恐る彼に近づく医者たちには、この病気の秘密がわかっていた。スターリンは非常に重い動脈硬化症だったのである。脳の血管がやられている以上、当然精神面にも影響が出る。衝動の抑制が利かなくなるのだ。これは定義上は無意識の衝動である。こうして、血の粛清という30年代に猛威をふるった恐怖が発生したのだった。(ピェール・アコス「現代史を支配する病人たち」1992年より
●彼の家族観
 長男のヤコフはドイツ軍の捕虜となって病死したが、スターリンは息子を救うために指一本挙げようともしなかった。スターリンは捕虜を憎んだ。捕虜は売国奴であり、脱走兵なのだ。
 スターリンは2人の妻の家族も始末していった(家族の方では彼を受け入れていたのだけれども)。彼は義理の兄弟2人を銃殺させ、義姉妹4人を投獄(2人は現在も獄中にあり、2人は獄死)し、もう一人の義弟は、これは陸軍の将官であったが、便利なことに、自分の執務室に行ったら部下が全員逮捕されたのを見て、心臓の発作で頓死してしまった。いまや彼の対人関係で残ったのは、政治的な結び付き、家来に対する主人の関係だけであった。(ボルトリ『スターリンの死』早川書房1979年より)
●彼の死亡通知
 3月6日午前6時、モスクワ。この日の放送は重々しく悲壮なドラムの響きとそれにつづく国歌の吹奏で始まった。ついでレヴィタンの声が響いてきた。 「すべての党員諸君、ソヴィエト連邦のすべての労働者諸君、 レーニンの戦友、その事業の天才的な継承者、ソ連共産党と人民の賢男な指導者、教師であるヨシフ・ヴィサリオノヴィッチ・スターリンは心臓を止めた」(ボルトリ「同上」271P)

9 モスクワの盛衰 ミグ15

f:id:danbuer:20210508105400j:plain

ミグ15戦闘機 Valentin Sobolev / TASS

 ソ連のミグ設計局が開発したジェット戦闘機ミグ15。第二次大戦後、ソ連は戦時中にドイツが研究していた後退翼のデータを入手し、独自に開発していたジェット戦闘機よりも高性能の機種を開発できることになった。ミグの名前は、2人の航空機設計者アルテム・ミコヤン(1905-1970)とミハイル・グレヴィッチの名前からとった。
 設計者のミコヤンは、イギリスのロールスロイスターボジェット・エンジンを基礎に独自改良型RD-45Fとし、機体は徹底的に軽量化した。またどんな滑走路でも離着陸出来るような頑丈な作りにしている。
 開発は急ピッチで進められ、1947年に初飛行に成功、すぐに大量生産が開始された。
 中国の内戦から実戦投入され、1950年4月の最初の空中戦で、ソ連パイロットの乗るミグ15が、中国国民党軍の米国製ロッキードP-38(ライトニング)を撃墜した。
 ミグ15の登場は朝鮮戦争(1950.6 –1953.7)での国連軍に衝撃を与えた。朝鮮人民空軍(KPAF)の兵力は、93機のイリューシン IL-10などの戦闘機があったが乗組員も訓練不足のため、制空権はアメリカを中心とした国連軍が維持していた。だが1950年10月、中国義勇軍が参戦し、ソ連が中国に供与したミグ15が戦闘に加わった。ミグ15の操縦や戦闘技術は、ソ連の指導のもとに中国兵パイロットを育成した。
 ソ連から瀋陽に派遣された第64戦闘航空団は、機体の標識や制服をソ連から中国に偽装を加えたうえで活動した。
 空爆の主力であった米国のボーイングB-29爆撃機は、このミグ15によって多数撃墜され、1951年には昼間の爆撃任務から除外された。国連軍のP-51(マスタング)飛行隊は、強敵のミグ15に対抗するためF-86ジェット戦闘機に転換し始めた。1950年11月1日(12月17日説もある)、史上初のジェット機ジェット機の戦闘が行われた。双方の制空権は中国と北朝鮮国境にそってせめぎ合いを繰り返した。この中朝国境は「ミグ回廊(Mig Alley)」と呼ばれた。
ジェット機の勝敗
 朝鮮戦争でのミグ15とF-86の空での戦いの優劣を示すことは困難という。いずれにしろ、中国と北朝鮮パイロットが乗るミグの場合、十分な戦術飛行訓練を受けていなかったため、F-86との対決には大きな苦労があったという。( 「コメルサント」2020.11.22より)
 ミグ15は1953年の朝鮮戦争で活躍し、12年後の1965年4月2日、ベトナム戦争にミグ17が戦闘に参加した。

8 モスクワの盛衰 最初のソビエト原子爆弾

f:id:danbuer:20210507083820j:plain

核物理学者イーゴリ・クルチャトフ(Sputnikより)

「最初のソビエト原子爆弾」を紹介している記事は、ロシア連邦原子力センターのホームページ、およびロシア版ウィキペディアソビエト原子爆弾の製造」に掲載されている。以下はその要旨。

●原爆実験までの過程
 ソ連原子爆弾開発プロジェクトの責任者であった核物理学者イーゴリ・クルチャトフ(1903 - 1960)は、1942年の終わりから、必要な科学者や専門家を集め始めた。当初、原子問題の一般的な権限はV.モロトフが行使していたが、1945年8月20日(日本の都市への原爆投下の数日後)、国防委員会は、ベリアが率いる特別委員会を設立することを決定した。
 最初の国内原子爆弾はRDS-1と呼ばれていた。RDS-1は、構造的にはアメリカのモデルの正確なコピーであり、いくつかの改良が加えられていた。ソビエト原子爆弾RDS-1の開発は、1945年にテストされた米国のプルトニウム爆弾の計画に従って入手可能な材料を考慮して行われた。
これらの資料は、ソビエトの外国諜報機関によって提供された。重要な情報源は、ドイツの理論物理学者であり、米国と英国の核計画に参加したクラウス・フックス(1911 - 1988)だった。
 米国のプルトニウム爆弾に関する情報資料により、RDS-1の製造における多くの間違いを回避でき、開発時間が大幅に短縮され、コストが削減された。
 1945年の終わり以来、核開発研究施設KB-11の場所を探してきたが、1946年4月末、ゴーキー地域とモルドヴィア自治ソビエト社会主義共和k国の境界にあるサロフを調査し、初期の生産インフラを備えたこの場所が決定された。一方核実験場(UP-2 MO)の場所は、カザフ共和国(現・カザフスタン)の北東部セミパラチンスクの西約170kmにあるイルティシュ草原が選ばれた。
 1947年2月17日、スターリンが署名した法令により、KB-11は秘密保持の観点から制限区域としてすべての記録から除外され、1947年の夏、地域は軍事的保護下に置かれた。KB-11で働くすべての候補者は、州の保安サービスによって特別なチェックを受けた。
 1947年、36人の科学者がKB-11に到着。86人のエンジニアと技術者を雇用した。
 ソ連で最初の実験用原子炉F-1は、ソ連科学アカデミーの第2研究所で建設が行われ、1946年12月25日完成。1948年12月22日、原子炉からの最初の製品が放射化学プラント「B」に到着した。プラントBでは、原子炉で生成されたプルトニウムがウランと放射性核分裂生成物から分離された。
●原爆実験
 1949年8月24日、実験の責任者と特別委員会のメンバーがセミパラチンスク核実験場に到着。8月26日までに、テストサイトでのすべての準備作業が正常に完了。8月29日の朝7時に、核実験場がまばゆいばかりの閃光で照らされた。ソビエト連邦は、最初の国内原子爆弾の開発とテストを無事に完了した。9月25日、このイベントに関する通信社のTASSレポートがマスコミに発表された。資料/ロシア連邦原子力センター(www.vniief.ru)

7モスクワの盛衰 カラシニコフAK-47

f:id:danbuer:20210506071224j:plain

モスクワにあるカラシニコフの像(筆写撮影)

 ミハイル・カラシニコフ(1919 - 2013)は、ロシアの銃器設計者で、彼が発明した自動小銃「AK-47」は、史上もっとも大量に製造された。
 旧ソ連とロシアを通じて直接製造されたカラシニコフ銃は約7000万丁。他国による生産分を含めると、約1億丁が造られたとされる。
カラシニコフの言葉
 「1947年は私にとって決定的な年だったが、我が国にとっても転換点だった。冷戦という国際情勢の中で、このターニングポイントは国防力に関わるものだ。というのも、まさにこの年、ソ連の科学者たちが原子爆弾の製造に成功したのである。また、通貨改革や配給カードの廃止が実施された年でもある。
 1948年1月10日、ショーロヴォ武器試験場で科学技術委員会の会議が開かれた。その13人のメンバーのうち、カラシニコフ突撃銃がすべての要件をもっとも満たしていることに異議を唱える者はいなかった。私はそのことを今でもとても誇らしく思っている。AK47の基本原理に基づいて製作された銃が50年以上も使われているという事実は、戦場でのこの銃の優秀性をはっきりと立証している。20世紀後半につくられた突撃銃や軽機関銃のすべてに、それがロシア製であろうと外国製であろうと例外なく、AKの基本原理を模倣した要素が見られる。そして今日でも1950年代につくられたカラシニコフ銃がまったく問題なく作動しているのだ。」(エレナ・ジョリー著「カラシニコフ自伝」朝日新聞出版 2008年)

6 モスクワの盛衰 ソビエトの戦時ポスター(1941年)

 1919年12月26日、レーニンは、読み書きができなかった8歳から50歳までのすべての人々が、ロシア語または母国語で読書を学ぶ義務があるという公式の法令を発表した。
 農民たちは新聞が利用できる村の読書小屋で読むことを学び、学齢期の子供たちは文盲の両親に教えた。
 キャンペーンを宣伝するため、一連のポスターが用意された。「プラウダ」は、ポスターには大衆を揺さぶる特別な能力があると主張した。
  1920年、ドイツの経済学者アルフォンス・ゴールドシュミットは、「ポスターは、モスクワの何千もの店、電柱、パブ、工場など、どこにでもある」と報告した。17歳までの無料の義務教育の導入と、大衆の学習のためのインフラの作成は、新しいソビエト市民の心を作るツールとなった。(「フーバー・ダイジェスト」2003.7.30)

f:id:danbuer:20210505152757j:plain

「我らはファシストを許さない...」作者未詳(1941年)

 我らはファシストソビエトの土を踏みにじるのを許さない。モスクワ(39 x 23cm)

f:id:danbuer:20210505152900j:plain

「戦士ビクター・タラリキン」ニコライ・ビィリエフ(1941年)

 1941年8月のモスクワをめぐる夜の戦いで、ソビエトの戦闘機パイロットであるビクター・タラリキンは、弾薬がなくなった後、ドイツの爆撃機に衝突し、夜間敵の航空機に衝突した最初のパイロットになった。
タラリキンは生き延び、第二次大戦の最初の主要なソビエト空軍の英雄として祝福されたが、彼は数ヶ月後に戦死した。
(46 x 61cm)

f:id:danbuer:20210505152938j:plain

スターリンの鷹」アレクサンドル・ラクティオノフ作(1941年)

 戦争の最初の週に発行されたこのポスターは、現役の軍のパイロットと芸術家アレクサンドル・ラクティオノフとのコラボレーション。ピルシコフ中尉は、戦争を通じてレニングラード戦線での任務で100回を超える飛行に参加した。ラクティオノフはソビエトの芸術家。(52 x 30 )cm.

 ポスター資料 Mercer & Middlesex Auctions「20世紀ロシアとソビエトのポスター」オークション・カタログ(2011年)より。

5 モスクワの盛衰 救世主キリスト大聖堂

f:id:danbuer:20210503075846j:plain

救世主キリスト大聖堂

 モスクワ中央部モスクワ河畔に位置するロシア正教会の大聖堂。無神論を標榜するロシア革命により、政権を奪取したボリシェヴィキにとり、信徒の支持により存続するロシア正教会は脅威であった。「宗教はアヘン」とするソビエト政権は、ロシア正教会に激しい弾圧を行った。すでに1929年の前半には、国内で400以上の教会が閉鎖され、そのペースは加速していた。8月には、さらに103の教会が同じ運命をたどった。
 1931年、ソビエト宮殿設計コンペが開始され、ソビエト大宮殿建設予定地には、救世主ハリストス大聖堂の場所が指定された。スターリンの指導するソ連共産党の決定により、1931年12月5日大聖堂は爆破された。
 聖堂の爆破解体後、第二次大戦やスターリンの死去などの要因が重なって、新宮殿建設は中止となった。宮殿の建築予定地には屋外市温水プールが建設され、モスクワ市民に利用された。
 1990年、ロシア正教会の組織である聖シノドは、救世主キリスト大聖堂の再建を祝福し、大聖堂再建の許可を政府に正式に要請。1990年12月5日には将来の再建意図を明示した記念碑が据えられた。
 1995年1月7日、大聖堂の再建場所に礎石が据えられた。1997年9月には、モスクワ建都850年祭で重要な場所として、大聖堂外壁の彫刻や、大聖堂内部のフレスコ画の描画等の工事が始まった。大聖堂全体の成聖式は2000年8月19日に行われた。(資料・写真 救世主キリスト大聖堂HP)http://new.xxc.ru/about/istoriya_hrama/razrushenie

4モスクワの盛衰 スターリンの農地改革

f:id:danbuer:20210502081437j:plain

スターリンの自然改造計画(kp-tts.ru)

 レーニンの死後5年目の1929年、ソヴェト・ロシアは、スターリンの下で第二次革命に乗り出した。この革命による国民生活の影響と規模は、第一次革命よりさらに徹底的に実施された結果、ロシアは急速に工業化された。しかしこの政策は、短期間に一億人以上の農民に、農地を放棄して集団農場をつくることを強制するものだった。G・ボルトリ『スターリンの死』のなかで、次のようにまとめている。
●改革の結果
 1929年スターリンは、土地の集団化の強行を命じた。その結果、4年後に私有耕作地と称するものは悉く消滅した。(…)それから20年後の1952年においても、このスターリンの農業条例は依然として緩められなかった。  しかし農民たちは、これが恐怖と血で強制されたものであることを見て来た。当時、警察、軍隊、そのほか権力の支配下にあるすべての力が、農村に向って放たれたことを見て来た。多くの者が銃殺され、機銃掃射を浴せられ、斬殺され、吊るされ、水死させられたことを見て来た。
 家族ごと、村ごと、何百万人もの農民が流刑地に送られ、再び帰って来たのはきわめてわずかだった。「富農」は敵だとされた。しかし富農だけでなく、政府に犯行した中農も、貧農さえもがやられた。
●弾圧の統計学
 スターリンは1933年春、いまや目的は達せられ、仁慈を施すべき時がきたと宣言した。彼とモロトフが署名した秘密指令で、スターリンは次のように述べている。
「われわれは農村で成功をおさめたので、もはや大量弾圧を行う必要はなくなった」
 彼は「不法な逮捕」を止めるように命じた。シベリアへの強制移住については、ウクライナから2000家族、北カフカス1000家族、ヴォルガ中流地区1000家族などと一定の枠を設け、これを越えてはならないと命じた。また、現在の囚人数80万人を40万人に減らし、監獄の過密状態を緩和するように命令じた。彼は監獄での発疹チフス対策についてさえも、指示を与えている。
 しかし弾圧が終った途端に、たちまち飢饉が起った。1933年の春、ウクライナでは何千何万人もの農民が餓死した。軍隊が動員され、収穫を行い、家の消毒を実施した。
 ソ連政府当局筋によれば、死亡ないし流刑に処せられた「富農」は約500万人と推計されている。しかしスターリンは、チャーチルとのある夜の閑談で、「集団化にさいしては1000万の敵を相手にたかった」と語っている。
●復讐
 当然のことながら、これらは農民の心に深い怨恨をうえつけた。1941年にドイツ軍がウクライナに侵攻すると、この恨みが爆発して、農民の恐るべき復讐心をかりたてたのであった。進駐ドイツ軍の強力な協力者となったのは、30年代の初めに犠牲となった「富農」や「準富農」の家族たちだった。(78P)(出典 G・ボルトリ『スターリンの死』早川文庫1979年 )