シュールの本棚

世界で日々起きていることは、現実を超えて進んでいる

15 イスラエルの作戦 ソロモン作戦(1991)

1991年5月、14,000人以上のエチオピア系ユダヤ人を空輸した。(写真BBC ) 1980年代のエチオピアのユダヤ人の救助作戦、特に「モーセ作戦」にもかかわらず、まだその国に多くのユダヤ人は残っていた。 1990年初頭にイスラエルとエチオピアの外交関係が再開し…

14 イスラエルの作戦 ヒンダウィ事件(1986)

回想録「戦争からの利益」とネザール・ヒンダウィ ヒンダウィ事件は、1986年4月にヨルダン人のネザール・ヒンダウィが、ロンドン発テルアビブ行きのエルアル航空016を爆撃に失敗し、話題になった事件である。 1986年4月17日の朝、ロンドンのヒースロー空港で…

13 イスラエルの作戦 バス300事件 (1984)

バスを包囲したイスラエル軍部隊 バス300事件は、1984年4月12日、4人のパレスチナ人テロリストが、テルアビブからアシュケロンに向かう35人の乗客を乗せた300号線エゲッドバスを乗っ取ったときに始まった。彼らの目的は、イスラエルに投獄されていた500人の…

12 イスラエルの作戦 イラク原子炉爆撃作戦(1981)

攻撃ルートとイスラエル空軍機 1981年6月7日、イスラエル空軍(IAF)はイラクの原子炉を爆撃した。それはイスラエルが最後に選択した作戦で「オペラ作戦」であった。まずイスラエルは、フランス政府に技術供与を取りやめるよう要請したが、ジスカールデスタ…

11 イスラエルの作戦 サンダーボルト作戦(1976)

乗っ取られたエアバスと、事件後輸送機に乗り込むコマンド サンダーボルト作戦は、1976年7月4日にエンテベ空港(ウガンダ)でイスラエル国防軍によるハイジャック人質救助作戦である。 事件は、1週間前の6月27日に起きた。乗客248人のエールフランス航空エア…

10 イスラエルの作戦 神の怒り作戦(1972)

ジョージ・ジョナスの著書「復讐」、右は日本語訳「標的は11名」表紙 1972年9月5日に西ドイツのミュンヘンで、パレスチナ武装組織「黒い九月」により行われた11人のアスリート虐殺は、イスラエル国民を震撼させ、国は復讐を要求した。ゴルダ・メイア首相の政…

9 イスラエルの作戦 プランバット作戦(1968)

「プランバット作戦」を紹介した2冊の本 プランバット作戦(PLUMBAT OPERATION)は、 1968年11月、イスラエルの核兵器計画を推進するため、秘密裏に購入したウランを船で搬送するため、科学連絡局とモサドの合同作戦である。このモサドの秘密作戦は、核物質…

8 イスラエルの作戦 ダイアモンド作戦(1963-66)

イスラエル空軍博物館のMiG21 ダイアモンド作戦は、モサドによって行われた。 その目標は、当時最も先進的なソビエト戦闘機MiG-21の乗取りである。 作戦は1963年半ばに始まり、1966年8月16日、イラクのアッシリア人亡命者ムニール・レドファが、イラク空軍の…

7 イスラエルの作戦 ダモクレス作戦(1962-63)

作戦を仕切ったイサル・ハレルと、エジプトのミサイル 1956年の第二次中東戦争の後、エジプトのナセル大統領は、イスラエルとの将来の戦争で使用できる地対地ミサイル能力を構築することを、西ドイツに望んでいた。エジプトのロケット計画は、1962年7月にロ…

6 イスラエルの作戦 ノア作戦(1962-69)

シェルブールからハイファ港の航路と、到着したボート ●フランスのシェルブール造船所から、ミサイル艇を盗み出す作戦。 1962年後半、イスラエル海軍は、老朽化した駆逐艦を最新のミサイル艇に置き換えることに決めた。 そこでイスラエルは、ドイツのホロコ…

5 イスラエルの作戦 ヤキン作戦(1961-1964)

ユダヤ人を乗せた船とハッサン国王 イスラエルの情報機関モサドとイスラエル海軍が共同で計画した「ヤキン」作戦は、モロッコのユダヤ人をイスラエルに移住させるものである。 1950年代の終わりにかけて3回実施されたのは、モサドのシュムエル・トレダノと彼…

4 イスラエルの作戦 ツシア作戦 (1956)

アブラハム・ダーとポートサイドのユダヤ人コミュニティ ツシア作戦(ヘブライ語で「創意工夫」を意味する)は、1956年のイスラエルによるエジプトのシナイ砂漠の攻撃(シナイ・キャンペーン)の後に開始された。この作戦では、イスラエル工作員が、エジプト…

3 イスラエルの作戦 ハフェズ大佐暗殺(1956)

ハフェズ大佐(左)とハルカビ少将 標的を暗殺する作戦は、イスラエルの諜報機関にとって目新しいことではない。しかし、少なくとも1970年代までは、暗殺は最後の手段と見なされていた。 1950年代、ガザのエジプト諜報機関の司令官ムスタファ・ハフェズ大佐は…

2 イスラエルの作戦 魔法のじゅうたん作戦(1949)

C−46とイエメン・ユダヤ人 イエメンのユダヤ人のイスラエルへの秘密の空輸。 1949年アラビア半島南端部に位置するイエメンに、当時約5万人のユダヤ人が住んでいることがわかった。宗教指導者は、彼の国のほとんどのイエメン・ユダヤ人のうち約4万5,000人を去…

1 イスラエルの作戦 核兵器プログラム(1948~)はじまり

ディモナの原子炉研究センター(出典 israeldefense.co.)とベングリオン イスラエルは、国家設立直後の1948年、核の選択肢を検討し始めた。1949年、イスラエル国防軍の科学部隊Cは、ウランの埋蔵量を測定するため、ネゲブ砂漠の地質調査を開始した。1952年…

20 CIAの作戦 ビンラディン暗殺 (終わり)

ビンラディンの隠れ家とRQ-170ドローン アルカイダのリーダーのビンラディン暗殺計画は、CIAの作戦「ネプチューンの鎗」で、2011年5月1日、米海軍のSEALチームによって実行された。 CIAが2002年に得た情報が、ビンラディンを見つける手がかりとして、アルカ…

19 CIAの作戦 モスクワオリンピックのボイコット

モスクワ・オリンピックとターナー長官 1980年モスクワ・オリンピックは、1980年7月から16日間、モスクワで開催された。この大会に、米カーター大統領は、前年12月のソ連のアフガニスタン侵攻を理由にボイコット(1980年1月)した。以下は、1月9日づけのCI…

18 CIAの作戦 9.11攻撃予測の失敗

「9.11百科事典」表紙とCIA長官テネット 2001年9月11日の朝、アルカイダがおこなった同時多発テロ攻撃で2,977人が死亡した。 米国本土でのテロに対する監視はFBIの責任だったが、CIAは国際的な情報収集の責任があった。いずれにせよ、事件は未然に防ぐことが…

17 CIAの作戦 ドローン

MQ-9リーパーとRQ-1プレデター(右上) CIAが諜報機関の業務に使用している無人航空機(UAV=Unmanned Aircraft Systems)は、目標とする地域の監視および偵察(ISR=intelligence, surveillance and reconnaissance)に使用される。しかしこれらのUAVのいく…

16 CIAの作戦 CIAの麻薬関係史

ケシ畑とエアーアメリカの輸送機 CIAは、世界で拡散する共産主義の撲滅をその任務としていた。そのため、反共産主義活動をする組織を援助するため、麻薬の生産と売買に関与したいくつかの戦闘部隊と関係をもった。たとえばラオスのモン族、ビルマの中国国民…

15 CIAの作戦 アフガニスタン紛争(1979-89)

アメリカ製のスティンガー対空ミサイル 1978年、アフガニスタンの反政府勢力ムジャーヒディンが蜂起し、その翌年、ソ連の地上軍と空軍によってアフガニスタンは占領された。 次の10年、ソ連と戦うムジャーヒディンは、アメリカをはじめ多くの国から軍事訓練…

14 CIAの作戦 「イランアメリカ大使館人質事件(1979)

アメリカ大使館占拠と工作員アントニオ・メンデス 1979年11月4日、イラン・アメリカ大使館人質事件がテヘランで発生した。イスラム革命防衛隊率いる暴徒による、アメリカ大使館占拠は、444日間続き1981年1月20日にようやく解決した。しかし大使館員のうち、…

13 CIAの作戦 「フェニックス作戦」(1968〜1971)

「ヴェトナム百科事典」表紙と、サイゴンから脱出する市民 ヴェトナムについての1965年のCIAの報告は、「ヴェトナム戦争は膠着状態にあり、米国はそれを勝ち取ることができなかった」と結論付けた。したがって政策立案者は、事実に基づいて正しい意思決定を…

12 CIAの作戦 南米チリ大統領の排除(1973)

クーデター(左)とカストロとアジェンデ(右) 1959年のキューバ革命以降、米国政府は南米の共産化に伴い、CIAによる反共産支持者に対する援助を始めた。 1962年、チリでは左派が増大し、保守的な軍隊との分裂に至った。そこでCIAは、1963年から10年間、チ…

11 CIAの作戦 ゲバラ暗殺(1967)

ゲバラの棺とゲバラ エルネスト・ゲバラ(1928–1967)は、キューバ革命(1956–59)と1961年のピッグス湾事件の両方でカストロの2番目の指揮官として働いた。 1928年にアルゼンチンに生まれたゲバラは、中流階級の家庭の5人の子供の長男だった。 彼は1947年に…

10 CIAの作戦 ゴ・ディン・ジエム暗殺(1963)

焼身自殺する僧侶とゴ・ディン・ジエム大統領 南ヴェトナム初代大統領のゴ・ディン・ジエム(1901- 1963)は、共産主義の拡大を懸念するアメリカの支援を受け、国内の共産主義者を厳しく弾圧した。彼は熱心なカトリック教徒でもあり、カトリック信者が多いサ…

9 CIAの作戦 キューバミサイル危機 (1962)

ソ連製の地対空ミサイルとU2偵察機 キューバミサイル危機は、キューバでのソビエト中距離核ミサイルの配置をめぐる、米国とソ連邦の間の対立である。 1962年7月から8月にかけて、ソ連の貨物船がキューバの港に出入りするため、アメリカ軍は、キューバ近海の…

8 CIAの作戦 ピッグス湾の侵攻(1961)

事件後の「LIFE」表紙と作戦での捕虜 キューバ革命から2年後の1961年4月17日。CIAの支援で軍事訓練された亡命キューバ人部隊が、キューバに侵攻してカストロ政権の打倒を試みたピッグス湾の侵略「ザパタ作戦」が実施され、CIA史上最悪の失態をもたらした。 …

7 CIAの作戦 カストロ暗殺計画(1960–65)

カストロと彼の墓 1959年のキューバ革命でアメリカの傀儡バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えたカストロ(1926 - 2016)は、何十年にもわたってアメリカに敵対してきた。 彼はすぐに、労働組合の組織化と支援を地元の共産党に求めた。…

6 CIAの作戦 インドネシア作戦(1957-8)

スカルノ大統領 1950年代後半、CIAの秘密作戦の専門家であるフランク・ウィズナー(1909 – 1965 )は、インドネシアのスカルノ大統領の反米感情と共産主義への共感の高まりが、米国にとって脅威であると言及していた。そこでCIAは、スカルノ政権に対しての否…