シュールの本棚

マックス・エルンストの『百頭女』の影響を受けて、作品を作ってみました。

5 ロンドンの盛衰 「スコットランド・ヤード」

f:id:danbuer:20201114101345j:plain

ロンドンのスコットランド・ヤードの本部で爆発した後の瓦礫

1884年5月30日 画像/ゲッティ Images)

f:id:danbuer:20201114101409j:plain

ビクトリア・エンバンクメントのニュー・スコットランド・ヤード本部

(画像/ゲッティ Images)

スコットランドヤードは、ロンドンの全域を管轄する警察組織で、公式にはニュー・スコットランドヤード (New Scotland Yard) という。

今日、スコットランドヤードでは3万人以上の警察官が雇用されている。

ロンドン警視庁本部の初代庁舎の一般入口が、グレート・スコットランドヤード通りに面していたので、この名前がロンドン警視庁と同義となった。ロンドン警視庁は1890年に、ヴィクトリア・エンバンクメント通りに面する場所に竣工したとき、新庁舎は「ニュー・スコットランドヤード」の名称が採用された。2016年11月、ロンドン警視庁は4代目となる新しい本部庁舎に移転した。